読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴーストzギルガルド育成論

型が豊富なギルガルドについて考察します。強さを最大限引き出すにはどうすればよいでしょうか。

 

言わずもがな、ギルガルドはバトルスイッチにより種族値を変化させながら戦うことができます。これはとんでもない長所なのですが、意外と対人戦で使うと思ったより活躍できないということを感じる方も多いのではないでしょうか。

それはなぜでしょう。理由はこちらが有利な対面だとみた瞬間、相手がガルドを受けられるポケモンに交代して、ブレードフォルムのまま次のターン相手に抜群技を打たれるか、キングシールドに合わせて積み技をされるかで形勢逆転となるからです。まず、この崩され方を強く意識しておかねばなりません。

 

これを防ぐ方法は、交代で出てきたポケモンにむげんあんやを当てることです。もともと有利対面で交代されなければ突破、交代されてもむげんあんやでかげうち圏内まで持っていければ、強引に突破して安心して元の役割を果たすことができます。

例をあげれば、交代で出てきたリザードンウルガモス、ガブ、ボーマンダなどはこれで処理することができます。

 

よって、育成論としては、むげんあんやの威力が出るようにC極振りで残りは足りないHにでも振ればよいと思います。

道具はゴーストz。技はシャドボ、かげうち、キングシールドまでは確定。もうひと枠はむげんあんやが無効のノーマル対策にせいなるつるぎを入れることを強くお勧めします。

これが、ハマれば強いではなく、選出機会が多く、安定して仕事ができるギルガルドの型です。